グラフィック
レコーディング

グラフィックレコーディング

ワークショップでの議論やインタビューの内容を、
イラストを使ってリアルタイムで可視化することで、共通認識が高まります。
イラストで表現されることで、「言葉」や「文字」だけでは伝えきれない
雰囲気や感情も共有でき、新たな気づきが生まれます。

  • 付箋に書いた文字情報だけでは、伝えたい相手に理解してもらうのは容易ではありません。ワークショップにグラフィック・レコーダーが参加し、議論の内容をその場で描きながら共有します。
  • 定性調査のインタビュー内容を、バックルームで可視化します。発言の内容だけではなく、その場の雰囲気、対象者の表情、行動などを記録することで新たな気づきが生まれます。
  • 定性調査やワークショップが終わった後の振り返り議論自体も可視化することで、共通認識が醸成され、議論の活性化を促します。
ワークショップでの
議論を可視化

定性調査の
インタビュー内容を可視化

振り返り議論を
可視化

  • 表情やジェスチャーなどの言葉で説明しきれない内容を、イラスト化します。
  • 今世の中にないもの、あなたの頭の中にあるものが絵になることで、アイデアが具体化します。
  • リアルタイムの可視化なので、その場でお渡しができます。

  • 言葉の表現による認識のズレがある場合に、それがグラフィックによって顕在化されることで、表現の精度を上げていくことができます。
  • オンラインはリアルと違って周りに人がいないことで、全体が見えにくいことがあります。グラフィックレコーディングで描かれている全体像が指針となり、目的を見失わずにワークや議論を進めることができます。
  • リアルタイムで可視化しているため、途中から参加した場合でも雰囲気を含め、いままでの内容をその場で共有ができ、その後の議論の活性化につなげることができます。